しょ~ま!の太鼓と東方のブログ

しょ~ま!の太鼓の達人やPSPゲームや東方のプレイ日記、攻略情報等を中心にしていきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布!

こんにちは、しょ~まです。

今日は、そろそろ過去に過去に書いた連打記事の修正版を上げていくと言うことで、
布をメインにして行きたいと思います!
布だけ解説中途半端だったんだよな~
そのくせ毎月アクセス解析の検索キーワードで何かしらランクインしてくる強者。

前置きはこれぐらいに。

・布
主に太鼓の達人ACやタタコン等に被せて使う。目的は、一部の連打をしやすくするため、筐体にキズや汚れが付かないため(ネタばち等)等が多い。
一部の連打(解説)

取り付け方が以外とわかりにくいようなので写真を撮りました。
111018_1627~02
このように太鼓の面のゴムと本体の隙間に詰め込んでいきます。縁や面にはシワがよらないように。

取り付けた写真
111008_1604~01
こんなかんじでOKです。
たまにゴムの部分がゆるい台がありますのでその場合管理人はとにかく詰め込んでますww

代表的な材質は
布…最も一般的。安い、加工が容易だがほつれたりする。シワにもなりやすい。
化学繊維(アクリル、ポリエステル等)…布とビニールの中間。
ビニール袋類…表面が非常になめらかなので効果が大きい。が、入手が困難。
材質はそんなにこだわらなくていいです。

布選びのコツは
・大きさは最低でも60cm×60cm以上を推奨
・厚さは薄くて目の細かいものが良い
・摩擦に強いものがいいので化学繊維系は良い
こういう布がおすすめです。
例としては、ふろしきやテーブルクロス、使わなくなった布団等が使えそうです。
また、YouTubeなどで稀に見かける「namco」と赤字で書かれたビニール、あれはナムコランド等のゲームセンターのUFOキャッチャーの景品袋らしいです。
ビニール袋の加工方法についてはこちら

管理人は、友人の家で使わなくなったテーブルクロスを二人で分けました^^;
布製ですがシワになりやすいと言う点以外は大丈夫です。
椅子のカバーは目が荒いので止めました。

でわ

Comment

自分は袋派 

布って厚いものとか妙に大きいものしかないので、僕は基本的にはナムコの袋使ってます(^-^)
布ってダブルとかロールに影響出ませんか?
  • posted by クロノス 
  • URL 
  • 2011.10/25 23:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 自分は袋派 

ナムコ袋いいですね~、自分は周りにそういったゲーセンが無いので・・・
でも破れたりしないですか?

ダブルは練習中の人も積極的に使ったほうがいいと思いますよ、確実に早くなるしマメになりにくくなる。
ロールは自分のはそんな影響無いです、面のメンテはいいんでw
  • posted by しょ~ま! 
  • URL 
  • 2011.10/26 18:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

布ってそんな感じに止めてるんだ!
でも、新筐体で太鼓自体もリニューアルされたら・・・
  • posted by タット! 
  • URL 
  • 2011.10/26 21:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

実際「太鼓 布 付け方」でググっても案外出てここないんですよねw

新でも多分出来るかと・・・
太鼓の達人40では布用ハンガー実装ですからwwwwwwww
  • posted by しょ~ま! 
  • URL 
  • 2011.10/26 21:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

しょ~ま!

Author:しょ~ま!
住所:横浜市k[見せられないよ!]
誕生日:95/6/26 18歳(高3)
部活:軽音部(ドラム)、棋道同好会
得意な教科:数学、情報
苦手な教科:社会、体育
漫画、アニメ:ひぐらし、とらドラ、デスノート、日常、ゼロの使い魔

YouTubeのチャンネル
スカイプアドレス:s.sho-ma

将来は学校の先生になりたかったりする。

黒(ぶら)っく さくら

最新記事

カウンター

投票エリア

投票してね!

複数投票可です、あまりに偏った投票はお止めください。

生放送

閲覧者数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。